一般形成外科

気になるほくろ・粉瘤の除去、
外傷や体表の病気の治療まで

ほくろ・粉瘤などの皮膚皮下腫瘍の除去治療を行います。
また、怪我ややけどをした際の熱傷救急を含む外傷外科や、
体の表面の形や色に関する先天的なお悩みについての治療・アフターケアのアドバイスもいたします。
お気軽にお越しください。

一般形成外科の診療スケジュール

治療一覧

ほくろ(色素性母斑)

ほくろの状態や大きさによって、ご提案する治療方法が異なります。大きなほくろや、ふくらみのあるほくろの場合、形成外科手術できれいに除去することができます。(保険適用)
小さく、ふくらみのないほくろの場合、美容皮膚科のレーザーでの除去をお勧めしています。(自費診療)いずれも当院で治療が可能ですので、気になるほくろがある方はぜひ一度ご相談ください。

粉瘤(アテローム、表皮嚢腫)

表皮が袋のようになってそこへ皮脂や角質が溜まり、皮膚がふくらむ疾患です。ニキビのように放置していても治ることがありませんので、粉瘤は手術による治療をおすすめしています。なかなか治らない、気になる「できもの」がある方はご相談ください。

外傷

頭から足先までの体表面全体の治療を行います。手を切ったり、スライサーで怪我した際の、外傷一般治療を行い、傷が治るまでの治療だけではなく、治った後の傷瘍のアフターケアもおこないます。

顔面外傷

転んだりした際の顔面の傷を治療します。

やけど

傷跡が残りやすい、ケロイドがあるなどのご相談をお受けします。

爪の病気

爪が皮膚に食い込んでの炎症や、巻き爪など、痛みを伴うものの治療を行います。爪の変形には白癬(水虫)を伴っていることもあり、その場合には皮膚科で白癬の治療を行います。

重度の逆さまつげ(睫毛内反)

眼球にまつげが当たり角膜を傷つけている状態など、日常生活に支障をきたしている重度の逆さまつげの治療を行うことができます。
※目の周りの美容施術(ヒアルロン酸注入など)を受けている場合は、保険適用外となります。

瘢痕拘縮

凹凸のある硬くなった傷跡を柔らかく平らにしてゆく、お薬やレーザー治療をアドバイスいたします。

皮膚難治性潰瘍

床ずれなど、じゅくじゅくした傷跡の治療を行います。

一般形成外科の診療スケジュール
まずはお気軽にご相談ください。
03-5413-0082
03-5413-0082
月~金 10:00~19:00 土・祝 10:00~18:00