• ホーム
  • トピックス
  • 第29回日本美容皮膚科学会総会・学術大会 ノアージュ医師団学会発表

第29回日本美容皮膚科学会総会・学術大会 ノアージュ医師団学会発表

2011年09月12日

第29回日本美容皮膚科学会総会・学術大会 ノアージュ医師団学会発表のご報告
平成23年9月10日(土)、11日(日)の2日間にわたり、第29回日本美容皮膚科学会総会・学術大会 が、山口県下関市の海峡メッセ下関にて開催されました。全国から多数医師やその関係者が集い、社会的要望の大きな医療分野の学会発表にはノアージュ医師団 から今泉院長と、平部副院長が学術発表をいたしました。

最先端ボトックス治療手法を持つ今泉院長から、「マイクロボトックス治療によるアンチエイジング効果」を発表。シワやたるみ・毛穴の開きなどの悩みを持つ 男女(30~60歳)を対象とし、頬~下顎に対してマイクロボトックス治療を行い、治療前、2・4・6・8週間後の改善度をアンケートによる自覚的所見と 画像比較による多角的所見、組織学的所見などにより比較検討し、その治療効果について報告しました。
平部副院長から、「組織が異なる2種類のA型ポツリヌス毒素製剤による多汗症治療の比較的検討」を発表。多汗症は、日常生活への支障や精神的苦痛を伴う疾 患であり、その治療法のひとつである、「ボトックスの皮下(皮内)注射」に対して組織に差のある2種類のA型ポツリヌス菌素製剤を選択し、10名の脇多汗 症患者の左右の脇に各々異なる製剤を用いて治療しました。効果判定の指標として発汗測定機を採用し、作用発現の差異には製品的、手技的パラメータの影響が 考えられ、今後手技的パラメーターによる差異を軽減するための方法について検討を行いました。

training_image03.jpg

 

カテゴリ
まずはお気軽にご相談ください。
03-5413-0082
03-5413-0082
■一般皮膚科・一般形成外科<保険診療/予約不要>
月・水・金 10:00~13:00 火・木 10:00~12:30

■美容皮膚科・美容形成外科・血管外科<完全予約制/全個室>
月~金 10:00~19:00 土・祝 10:00~18:00